ホーム » Tulokset haulle: "9"

LUX Helsinki(ルクスヘルシンキ)

01.04.2020 - 01.08.2020

Lux Helsinkiは、1月上旬に毎年異なるヘルシンキの中心部の場所を用いて開催される、5日間の光の祭典です。このイベントはすべての人に無料で公開されています。Lux Helsinkiの光の芸術作品は形もその表現方法も非常に多様です。建物を様々な色でライトアップするようなものもあれば、ビデオ投影もあり、音楽や動きと結びついたキネティックアートがあったり、インスタレーションであったりします。これらの作品はフィンランド国内外の光の芸術家たちが創り出したものです。このイベントは2009年から行われています。

全文へ

都会のリズム

08.03.2015 - 09.05.2015

息をのむような心ときめく旅のルートです。

全文へ

ウォーターフロントで音楽を パート2

07.03.2015 - 07.19.2015

このリラックスした雰囲気のルートは、自然の美しい島々や静かな鉄工所跡の環境から国際的なイベントへと進んでいきます。

全文へ

サルメラ・アートセンター Mäntyharju

06.06.2020 - 08.09.2020

サルメラ・アートセンターでは、フィンランド最大級の文化イベントが行われます。サルメラのマルチカルチャープログラムには、フィンランドの現代美術展覧会、コンサートも含まれています。ヴオヒヤルヴィ(Vuohijärvi)の自然・文化ハウスもサルメラ・アートセンターの一部です。2020年のプログラムには、この夏に結果が発表されるサルメラ第5回青少年絵画コンテストも含まれています。サルメラ・アートセンターとヴオヒヤルヴィの自然・文化ハウスの開館期間は2020年6月6日~8月9日、毎日11時~18時となっています。

全文へ

キミト島音楽祭 Kemiönsaari

07.06.2020 - 07.12.2020

キミト島音楽祭では、すでに1999年から第一線のアーティストたちが南西フィンランドの素晴らしい文化環境の中で忘れえぬ体験をお届けしてきました。ムード溢れるマナーハウスや教会で、クラシックからより新しい室内楽まで様々な音楽が響き渡ります。

全文へ

トゥルク・ジャズフェスティバル

3月 2020

トゥルク・ジャズフェスティバルは、質の高いジャズ音楽を1969年からお届けしてきました。ここではタイムリーな国内アーティスト、興味深い海外の著名人たちそして将来性の高い地元の才能あふれる人々などが出演します。フェスティバルはトゥルク中心部にあるコンサート会場やクラブなどで催されます。

全文へ

コルスホルム音楽祭 Vaasa/Mustasaari

07.29.2020 - 08.05.2020

コルスホルム(Korsholm)音楽祭では、古典及び現代の室内楽をオストロボスニア沿岸地方の情緒あふれるコンサート会場でお楽しみいただけます。2018年より芸術監督はスウェーデン人ヴァイオリニストのセシリア・ジリアクス(Cecilia Zilliacus)が務めています。2019年のテーマは、Sic Vita!(これが人生だ!) です。

全文へ

ラハティ・オルガンフェスティバル Lahti

08.03.2020 - 08.09.2020

すでに1973年からオルガン体験を提供!ラハティ・国際オルガンフェスティバルには、毎年国内外のオルガン奏者、オーケストラ、コーラスが出演しています。フェスティバル期間中、オルガンは様々なジャンルの音楽を演奏するための楽器になるのです。映画、オペラ、ダンス、その他試験的な芸術分野もオルガン音楽と組み合わされてこのフェスティバルを彩ってきました。

全文へ

ミッケリ音楽祭 Mikkeli

07.04.2020 - 07.12.2020

指揮者ヴァレリー・ゲルギエフ(Valeri Gergijev)が世界に名高いマリインスキー劇場のオーケストラとソリストをまた来夏ミッケリに率いてきます。最初の音楽祭は小さな室内楽イベントとして1992年に開かれました。この音楽祭はそこからフィンランドの夏を飾るクラシック音楽の重要なイベントの一つに発展していったのです。

全文へ

バルティック・ジャズ TAALINTEHDAS

07.03.2020 - 07.05.2020

Baltic Jazz(バルティック・ジャズ)は、1987年に始まったスウィングあふれるミュージックフェスティバルです。毎年夏が最も美しい7月の第一週末に行われます。年々大きくなってきたBaltic Jazzではありますが、もともとのほのぼのとした温かさと称賛を受けている独特の雰囲気を残すことに成功していると言えましょう。このフェスティバルでは、クラシックジャズ、ブルースとロックをうまくミックスしたものをターリンテヘダス鉄工所という歴史的な環境の中でお届けします。Baltic JazzはArchipelago Sea Jazz(多島海ジャズ・フェスティバル)シリーズの一つです。

全文へ

ピスパラ・ショッティーシュダンス・ダンスマニア Tampere

9月 2021

常に刷新されていく民俗舞踊と音楽のフェスティバルであるダンスマニアは、隔年の9月にタンペレを席捲します。週末の間、素晴らしいパフォーマンスやコンサートを楽しんだり、様々な分野のダンスや音楽のレッスンを受けたり、夕方のクラブで社交ダンスを踊ったりすることができるのです。数々のコンサートは、パッカフオネ(Pakkahuone)からハッラ・ステージ(Hällä Stage)へと、ライック文化ハウス(Laikku)から新しいGライブラボ(G Livelab)へと広がっていきます。

全文へ

ショッティーシュ・ムーブス TAMPERE

06.10.2020 - 06.14.2020

ショッティーシュ・ムーブス2020は北欧最大のダンスイベントで、タンペレに2500人ものダンサーが集まります。このイベントでは全国的に行われる青少年カルチャームーブスのダンス部門総括と、国際的な民俗舞踊と音楽のフェスティバルであるピスパラ・ショッティーシュを一つにしているのです。ショッティーシュ・ムーブス2020はダンスや民俗音楽愛好家であるすべての人々に門戸を開けている祭典で、様々なスタイルと関係者がここに集います。ピスパラ・ショッティーシュも青少年芸術祭も1970年から行われています。つまり来年は50周年になるわけです。このイベント全体はフィンランド青少年協会が実行委員を務めています。

全文へ

ユバスキュラ・サマーフェスティバル Jyväskylä

07.01.2020 - 07.07.2020

様々な芸術分野を含むユバスキュラ・サマーフェスティバルは、この65年の歴史の中で常に時代を先取りし、新しいものに挑戦してきました。2020年のフェスティバルのテーマは環境です。フェスティバルの間、一大環境年であった1970年のテーマを振り返り、現状を新たに考察したいと思います。

全文へ

Footer jp

02.04.2013

フィンランド・フェスティバルズは、フィンランドでの素晴らしいフェスティバル体験を皆さんにお届けするため、各地のフェスティバルをその傘下に集約しています。音楽のみならず、ダンス、演劇、文学、絵画、映画、子供向けのカルチャーイベントに至るまで、様々なジャンルがそこには含まれています。 Eerikinkatu 3 B – 00100 HELSINKI – info@festivals.fi © Finland Festivals 2019